DSP RECRUITING SITE

ENTRY

たいせつにしますプライバシー17001668

Copyright © DSP . All Rights Reserved.

社員ブログ

2020-10-05 全てのブログ採用情報社員紹介

【21内定者紹介vol.3】「価値観を変える出来事に出会えるか」そう語る彼が今まで経験してきた出来事とは。

みなさんこんにちは!
人事部の長友です♪

オンライン内定式第一回目もいよいよ明日となりました!!
関東内定者インタビュー
他の内定者の記事をまだ見ていない人は要チェック✅です!
Vol.1⇒成田くんvol.2⇒中島さん

関東の3人目は、関西から上京してくるこの方

PROFILE
森重くん
Interest/趣味
ドライブ、バイク
Strength/強み
場を回すファシリテーター、熱量がすごい
Character/性格
気分屋だが、夢中になると真っすぐでやり遂げるタイプ

今回上京組の中から代表してインタビューに答えてくれた森重くん。
関東主催のWEB男子交流会が初コンタクトだったのですが、いきなり被り物をして登場したり、
絶妙なタモさんの物真似で乾杯の音頭を取ってくれたりとまさに場の支配者でした(笑)
そんなぶっこみ関西男子の森重くんはどんなことを語ってくれるのでしょうか、、、

それでは、さっそくインタビューです(^_-)-☆

________________________________________

~ZOOM越しでのインタビュー~

(長友)
ほい~~お久しぶりです~~元気でしたか~~

(森重)
長友さんお久しぶりです!元気にやってますよ!

(長友)
よかった~!今日は普通の登場なんですね(笑)

(森重)
あれは事前に「関東で爪痕残してこい!」って関西の人事さんに言われてまして(笑)

(長友)
いやいや、やっぱ違うな~ってなってましたよ~

(森重)
ウケるかスベるか一か八かでしたわ、、、

◇それでは、自己紹介をお願いします!

(森重)
はい、こんにちは~!
京都先端科学大学、健康医療学部の森重です~よろしくお願いします。
趣味はドライブとかバイクで、ツーリングもよく行ってました。
大学ではスポーツ心理のゼミに入っていて、
趣味がバイクなので、“バイクと認知機能”についての卒論を書いている最中です!

(長友)
バイクと認知機能、、そもそも認知機能ってなんですか??

(森重)
まあ、人間の理解とか判断とかの機能のことなのですが、バイクとの関連としては、
交通標識などをしっかり認識、理解しているかなどですかね。
バイクに乗っている高齢者の方って元気なイメージありませんか?
実際にそれを研究して証明している教授がいて、バイクに乗ることがアンチエイジングに繋がるって証明されているんです。
なので、なぜバイクと認知機能が関連するかということを今調べている最中ですね!
あとはシンプルに僕がバイク好きだからなんですけどね(笑)

(長友)
確かにバイク乗ってる方って元気でかっこいいイメージある!
私も40くらい過ぎたら乗りたいって思う。

(森重)
いいじゃないですか~ぜひぜひ!
でもアンチエイジング効果を得るには乗り続けていないといけないっぽいですけどね~

(長友)
言うだけ言って乗らない未来が見えました、、

◇大学生活について教えてください!

(森重)
うーん。学校でのことというより、学校外での活動に力を入れてましたね。

(長友)
といいますと?

(森重)
はい、僕は3年の春からNPO法人ドットジェイピーという学生団体に所属しておりまして、そこに力を入れて活動していました。
この場所の経験が僕にとって生きがいを教えてもらった場所で、仕事のやりがいを感じた経験でした。

活動内容としては色々行っているのですが、団体の大きな目的としては学生と政治を繋げるということで、
全国で570人の学生スタッフが所属しています。

中にはいくつかの事業部がありまして、その中で僕はインターン事業部に所属しています。
グローバルインターン、議員インターン、NPOインターンがある中、NPOインターンのクライアント部署で活動していて、
主に学生に対してはインターンの説明会を行い集客を。
クライアントであるNPO法人に対しては、インターン学生を受け入れてくれないかと営業を行っています。
成績としては支部内のMVPを2期連続で取ったことはあります!

(長友)
めちゃくちゃ凄いじゃないですか!!
もうすでに社会人みたいなことをしているんですねえ、、

(森重)
いや~!全然そんなことないですよ。
社会人になったらなったらで違う大変さがあると思いますし、
ここでの活動も上手くいくことばかりやなかったですからね。

(長友)
ん?何があったんですか?

(森重)
うーん、支部の代表選挙落ちたんですよねぇ~

(森重)
半年任期で代表が変わるので、選挙に立候補したのですが落ちてしまって、
代表となると色んな能力が必要やと思いますし、力不足だったなと思ってます。
でも、そこで代表になった人が森重には新部署の立ち上げでアライアンス部署の統括を任せたいと言ってくれたんです。

内容的には企業様に対して講演依頼をしたり、協賛依頼を行う部署なのですが、
やはりこちらも自分の力不足というか信頼関係構築が上手くできていなくて、
僕に任せてもいいのかという声も上がってきてしまったんです。
僕自身はせっかくいただいたお話ですしお受けしたくて、
でも周りからの賛同がなかなかもらえなくて。1か月くらい停滞していた時期がありました。

ですが代表が、とりあえず森重の話を聴いてあいつの考えを知ってほしいと場を設けてくれまして、
そこで僕の想いや考えをしっかりと伝えたところそういうことだったんやねと受け入れてもらえました。

ここで僕は初めて、自分がきちんと周りと話せていなかったということと、
話せばきちんと分かってもらえるということを知りました。

組織の中で活動する時はいくら自分の考えを持って行動したとしても、
その志をきちんと共有した上で動かないとただの独りよがりの行動に見えてしまいます。
特にまとめる立場になるなら、自分ひとりだけのパフォーマンスではやっていけませんからね。

(長友)
なるほど、そんなことがあったんですね。
確かに誰かに理解してもらえない時、もちろん価値観の違いもあるとは思いますが
圧倒的に多いのはお互いの認識のずれが原因だと思います。
でも森重くんはその経験ができたからよかったですね!
成長に繋がる、いい経験だったんだと聞いていて思いました。

(森重)
はい。実際その後は新部署でコロナの影響もあったりしたのですが、
依頼されていた案件を部署全員で協力して大きい数字残せたりしたので僕自身も成長できたなと思いました。
そして今月から支部の副代表と全国統括のユニットに入ることになりました!
あと、DSPのリクルーターもさせていただいています。
正直かなり忙しくはなると思いますが、全力で頑張りたいと思います!

◇就職活動について

(長友)
就活についてはどれくらいから意識し始めたのですか??

(森重)
いつからっていうのは難しいですが、
多分2年生の2月に学生団体のインターンに応募したのが就活を意識し始めた最初の行動でしたね。
あとは夏にいくつかの企業のインターンにも参加しました。
ですが、ただただ言われたことをやっただけのインターンシップになってしまって、
学生団体の活動に戻った際、
自分がやりたいことはこんな風に自分で考えて行動しなければいけないことだなと改めて認識しました。

その後自己分析を繰り返して、
12月くらいからはほぼベンチャー企業ばかり見ていました!
大手も受けてはいたのですが自分に向いているのはちょっと違うかなあと思いまして。
企業軸が固まったのが4月頃だったので、
それまではとにかく営業ができればって感じで色々見ていましたね。

(長友)
どんな企業軸に固まったんですか??

(森重)
そうですね、いくつかあるのですが
・切磋琢磨できる環境があるかどうか
・数字を部署で共有できるか
・自己成長に繋がるのか
・社員のことをどれくらい考えているのか
などですね。

(長友)
なるほど、、
その軸にDSPは当てはまったのかな??

◇最終的にDSPを選んだ理由

(森重)
いや実は、散々企業軸とか学生団体の経験語ってるので相当考えて価値観のすり合わせして~
とか思っていただいていそうなのですが、、、

(長友)
うん。なんかこう、すごく計算した上なのかなって思っている。

(森重)
直感です。

(長友)
、、、いいと思うよ。

(森重)
いやあ、なんていうんでしょう、、
説明会での人事さんと20の先輩の絡み方とか、途中で顔をだしてくれるほかの社員の入り方とか、
全てが自然だったんですよね。
休憩中とかもやりとりが見えたのですが、
身内ネタというか、作っていない仲の良さが見えまして。
こういう企業で働きたいなあと僕も自然に思ったんですよね。

選考の途中で、僕ZOOMの画面に個性出そうと白壁じゃなくワンピースのポスターが貼ってある部屋をそのまま映してたのですが、
社長の上川さんがワンピース好きとのことで、
面接をしてくださった役員の方が「ワンピース好きなんだ!上川さんも好きだよ」と言っていて、
こういう交流の仕方も社風が出ていていいなあって感じたんです。

勿論軸にも当てはまってますよ!
ただ最初はやっぱり直感でいいなと感じて、そこから後付けで軸もはまっていった感じですね。
案外そういうものなのかもしれません。

◇それでは、就活中の皆さんにアドバイスをお願いします

(森重)
就活する中で自分自身のエピソードを語る時、
アルバイト経験、バイトリーダー、留学、サークル長などのエピソードで語ることは多いと思います。
長と付くものだとしてもそれ自体をやっている人は全国にたくさんいて、
そんな中でのエピソードは自分の利益しか求めていない活動の流れの結果にならないでほしいんです。

これは僕の考えなので正直一概には言えないのですが、
たまたま入ったサークルで、たまたま部長が引退する。
遊ぶため、生活のためにアルバイトをして、その結果でこんなことが起きて乗り越えた。
そんなたまたまでの活動のポジションや経験ではなくて、
自ら“誰かのため”を目的とした活動にチャレンジした経験を語ったほうが響くんやないですかね。

つまり、例えバイトやサークルだとしてもそこに参加した目的が最初から誰かのためを目的としていればOKなんです。
エピソードの題材として、そもそもの目的をつけてほしい。
For me ではなくてFor you、 For themの想いを大切にしてください!

あと一番伝えたいことは、

価値観を変える出来事を今のうちにしておいてください!

(長友)
なるほど、、森重くんの考えが伝わってきました!
要するに、自分から行動して価値観を変える出来事に向かっていけ!ってことですかね。
バイトもサークルも部活も、学生であれば流れで大体経験しますもんね。
でもそれだとしてもその中で自ら変化を起こせば大丈夫!
困難や変化は乗り越えれば必ず自分のためになりますから、
価値観を変える出来事が自然に起こるのを待つのではなくて、
出来事を引き寄せるように困難に飛び込んでいきたいですね!

◇最後に、今後の意気込みをどうぞ!

(森重)
はい!まずはHRS事業部で「営業とは」という基礎の部分をしっかりと学んで、
自分主体の考えではなく相手主体の考えで行動できる営業マンになりたいですね!
実際社会人になって働き始めると誰かのためにという想いを掲げていても、
自分に余裕がなくなった瞬間には反省する余力がなくて、環境や人のせいにしてしまうと思うんですよね。
僕は人のための仕事がしたいのにこの仕事は人のためになってるのか!って
最終的には仕事のせいにしたりして。

だから僕はそんな余裕がない時は一人で抱え込まず人から元気をもらって
どんな仕事も僕の手で誰かのためになるものにしていきたいですね。
逆にうまくいかない人がいれば僕のパワーを分けますし!
そうやって仲間と支えあいながら、常に相手主体の考えができるような感情コントロールができるようになっていきたいです。

そして人生目標としては関わる人の人生の分岐点になるような、そんな人に必ずなります!!

____________________________________________

(インタビュー後記):長友
今回インタビューをさせていただき、誰かのためってどういうことなんだろうと改めて考えさせられました。
人は誰かのためと言いつつもそこにはいくつかの割合で「自分のため」が入ってきます。
ですので今回インタビュー中に出てきた森重くんの誰かのためも
決してきれいごとで誰かのためにを主張しているのではありません。
自分ひとりの利益だけを追求するのではなく、誰かのためにを主体とした行動をする、
そうすれば自然と利己的な考えだった時より自分の得るものが最終的には大きくなる。
そういうことも含めての考えだと思います。
あとはその割合が相手のためが多いのが理想的ですけどね、
間違えると計算高い人になってしまうので(笑)
例えその時は損をしていても誰かのために動いて得た信頼は必ず、自分のためになると思います。

今回は様々な失敗、成長を繰り返してきた森重くんと有意義なお話ができました。
社会人としての彼がどんな更なる成長を遂げるのか、
こうご期待!!!!

**********************************

我々DSPは利他の精神を大切にしています。
そんな同じ志を持った仲間を募集中です!

▽エントリー▽
▶2022新卒の方ははこちら★

TwitterInstagramやってます✨

内定者も続々登場!
いいね!とフォローよろしくお願いいたします♬

 

page top