DSP RECRUITING SITE

ENTRY

たいせつにしますプライバシー17001668

Copyright © DSP . All Rights Reserved.

社員ブログ

2020-10-08 全てのブログ採用情報社員紹介

【21内定者紹介vol.4】「福祉業界のイメージを変えたい」彼女がDSPで描くVISIONとは

皆さんこんにちは!!

人事部の西川です。

関西でも1年ぶりの内定式直前インタビューです🎶
そして関西もオンライン内定式を行います!!!
オンライン内定式で代表挨拶をしてくださる内定者に今年もインタビューをしていきたいと思います✨
1人目はこの方です👩
 

PROFILE
坪田さん《21卒 内定者》

Interest/趣味
バレーボール、旅行(家族もアクティブ)

Strength/強み
好奇心旺盛、挑戦したいと思ったらすぐ行動!

Character/性格
人と話すことが大好き☆

2021年4月に入社予定の坪田さん。
いつもひまわり🌻のように周りを明るく笑顔にしてくれる坪田さんに就活の軸やDSPでのVISIONなどを聞いていきたいと思います!

________________________________________

(西川)
坪田さんお久しぶりです!
今日も笑顔が素敵~☆
早速ですが、自己紹介をお願いします!

坪田)
ありがとうございます!
R大学の坪田です。
周りからは誰とでも笑って話していて楽しそうといわれます!
本日はよろしくお願いします!

(西川)
そのイメージわかる!(笑)というかまさにイメージ通り!✨
わたしも初めてお会いしたときから思っていました!

(坪田)
本当ですか!?それはそれで照れちゃいますね(笑)

👇そんないつもニコニコ坪田さんと人事部とのオフショット📷(笑)

 

◆学生時代について

(西川)
それでは大学時代のエピソードを教えて下さい!

(坪田)
学業では障がい者福祉のゼミでゼミ長をしています。ゼミ合宿では福祉施設にて現場でのボランティアを経験し、人と人が繋がって支援していく場ってこう生まれるんだ!!!と思いました。そこから人と関わることで自分も成長できる仕事をしたいと思った学生時代でしたね!

(西川)
なんと、、、素晴らしい回答、、、
そもそも福祉に興味をもったきっかけってなにかあったの??

(坪田)
実はずっとウェディングプランナーになりたいと思っていたんです。でも高校時代に電車通学しているときに、いつも同じ時間に視覚障がい者の方が乗ってこられたんですが、偏見の目でみている方もいればサポートしている方もいて、みんながサポートしてあげる社会になればと思いました。それで福祉っていろんな支援、サポートの仕方があるんだなと気づき知識を深めたいと思って専門学校から福祉を学べる大学進学を選択しました。

(西川)
そうだったんだね!ウェディングプランナーから福祉業界って全然違う業界だし、坪田さんの中で人生を変える本当に大きい出来事だよね!

 

◆就職活動について

(西川)
では進学時にはやりたいことが決まっていた坪田さんに就職活動のお話を聞いてみたいと思います!福祉業界のインターンとかいきました?

(坪田)
インターンは1dayとかいろいろあったんですが、やるならしっかりやりたいと思って三回生の9月から半年間福祉の就労支援のボランティアにいきました!

(西川)
半年間ってがっつりだね!具体的にどんなことしてたの?

(坪田)
少し発達障害があって協調性が無い方がコミュニケーションをとって働けるように、ということを目的に施設で働いていました。社会人としての敬語とか挨拶とか、親御さんがしてくれていたことを自分でどうやってするのかということを教えたり、そこからどうやって社会で独立できるか支援計画を立てたりしていました。

(西川)
やりがいがすごくありそう!行く前と後で変わったことありましたか?

(坪田)
伝え方に最初苦戦しました。自分が伝えたいことと相手の捉え方が違うってことに気付いて、こうしたら伝わる、伝わらないを学んだことで視点で広がりましたね!
特に最初は「〇〇したらだめです!」とか否定的なアドバイスばかりしていたんですが、“だめ”だけではどうしたらいいか分かってもらえなくて、そこで自分のアドバイスはだめだと気づきました。そこから否定的な言葉をつかうのではなく次の提案や前向きなアドバイスをするように工夫していきました。そうしたら利用者さんが次はこうしよう!って考えてくれるようになりましたし、とても分かりやすかったと言ってもらえて嬉しかったです!

(西川)
伝え方ひとつが大事だもんね!坪田さんが学んだ伝え方は今後社会人として利用者さんと関わるうえでも大事だよね。

(坪田)
そうですね!今後も利用者さんと関わるうえで伝え方は常に意識して行おうと思います!

(西川)
インターンの経験とかふまえてどんな感じで就活していました?

(坪田)
インターンは3回生の9月から半年いって本格的には2月くらいから説明会いったり、1dayのインターンにも参加しました!いろんな企業をみていくうちにやっぱり福祉業界は世間から見ると働き方に対して偏ったイメージがあって人手不足なんだなって思いました。
そこで就活の軸を福祉と人を繋げる人材派遣のお仕事に変えました。

(西川)
ではDSPの決め手はなんでしたか?

(坪田)
社風です!説明会にいったときの人事の方の雰囲気がとても良かったです!
イメージしていた堅苦しさが全くなくて、とても話しやすかったのでリラックスして聞けたことが大きかったです!
あとは企業理念【社員を世界中で一番幸せにしたい】を聞いて心に響きました。さらに事業内容を聞くと介護事業部も人材派遣事業部もあったのでDSPは自分のやりたいこととマッチしているここで働きたい!と思ったので決めました!

 

◆入社後のVISION

【福祉業界の人手不足という課題を自ら解決したい】

(西川)
では坪田さんのキャリアビジョンを教えてください!

(坪田)
まずは介護事業部で現場で働いて資格を取得したいです!それから現場で学んだことを活かし、福祉に特化した人材派遣事業をやりたいと思っています!福祉業界に携わって感じた魅力をより多くの方に伝えることで、福祉業界の人手不足という課題を自ら解決したいですし、派遣スタッフさんの気持ちを理解する為にも自分が現場で経験することが大切だと思っています!

(西川)
なるほど!DSPだったらジョブローテーション制度があるからいろんな働き方や挑戦ができるもんね!

(坪田)
はい!ビジョンを叶えられるようにこれから頑張ります!

 

◆22新卒へのアドバイス

(西川)
それでは最後に、21新卒へ向けて就活のアドバイスをお願いします!

【ありのままの自分で】
(坪田)
コロナウィルスの影響で就職活動がうまくいかなかったり、悩んだりすることはあると思います。
就職活動で大切なことは業界・企業研究をはやいうちから行い、就活の軸を出来るだけ早く絞ることです。
そうすればぶれることなくやりたいことやVISIONが決まると思います!
面接では自分をよりよく見せることだけを考えがちですが「自分自身をもっと知って欲しい」と思えるようになれば、堅くならずにありのままの自分で就活に挑めると思います。

____________________________________________

 (インタビュー後記):西川

インタビュー中も終始明るくふわふわ笑顔の坪田さんに人事部はメロメロです(笑)
しかし自分のVISIONをしっかり持ち、福祉業界を変えたいと話す坪田さんの覚悟と熱意は心打たれるものがありました!
坪田さんの今後の活躍に乞うご期待!

**********************************

就活のお悩みがある方、少しでもDSPにご興味のある方、
エントリーお待ちしております☆

▽エントリー▽
▶2022新卒の方ははこちら★

TwitterInstagramやってます✨

内定者も続々登場!
いいね!とフォローよろしくお願いいたします♬

 

 

page top