DSP RECRUITING SITE

ENTRY

たいせつにしますプライバシー17001668

Copyright © DSP . All Rights Reserved.

社員ブログ

2019-10-11 全てのブログ採用情報社員紹介

【20内定者紹介vol.1】ファッション業界志望⇒人材ベンチャーへ。大手アパレル店員が語る、DSPで成し遂げたいこと。

皆さんこんにちは!
DSP人事部の長友です♪

お待たせいたしました!今回はInstagramでも予告しておりました20新卒内定者の
内定式直前インタビュー公開です!

PROFILE
鈴木くん《20卒 内定者》
Interest/趣味
スニーカー集めやカメラ、バドミントンなど
Strength/強み
視野の広さ、積極性
Character/性格
穏やかで爽やか。でも好きなことには熱くとことん追求!

20内定者の鈴木くん。
入社前ですが21卒採用にも是非関わらせてください!
と誰よりも積極的に声をあげてくれた超意識の高い鈴木くん。
そんな熱い男!?鈴木くんにDSPに決めた理由、就活のコツや学生生活などについて聞いていきたいと思います。

____________________

(長友)
今日はわざわざありがとう!交流会ぶりですが、この前は楽しめました??

(鈴木)
お久しぶりです。はい!同期とも仲良くなれて楽しかったです!

(長友)
それはよかったです~。では、さっそく内定者インタビューを始めましょう!!

まずは自己紹介をお願いします

20新卒の鈴木です。
T大学 人間社会学部でバドミントン部に所属していました。
趣味は主にスニーカー集めで、40足くらい部屋に飾ってあります。

(長友)
スニーカーの数が多い・・・好きなものは集めちゃう派なんですね。

(鈴木)
そうですね・・・集めちゃう派です。

◇どんな大学生活をすごしたの?

大学ではバドミントン部に所属していました。
バドミントンは高校の時から始めたのですが、
高校の地区大会では優勝。団体戦では県大会に出場しました。

(長友)
おお、、優勝経験が多いんですね。

(鈴木)
そうですね!小学校や中学でも軟式テニスなどで良い結果を出すことにやりがいを感じていました。
高校までは試合の成績が良かったので、結構自信を持っていたのですが、
実は大学1年の最初の部内戦では最下位からのスタートだったんです。
それが凄く悔しくて、さらに練習を頑張っていたら膝の靭帯を損傷してしまって、、
医者からも辞めたほうがいいと言われたんです。

(長友)
そんなことがあったんだ…でもその後もバドミントンは続けてたんだよね??

(鈴木)
はい!!それでも絶対に諦めたくなかったんです。
正直しんどい時もありましたが、筋トレやリハビリを続けて2年生になる頃には無事復帰することができました。
今では団体メンバーに選ばれて3部昇格もしましたし、
今思えばその出来事がバネになって自分の力も伸びたのだと思います。

(長友)
鈴木くんはいつも全力で真っすぐなんだね。
諦めずに頑張ったことがきちんと結果に繋がっていて流石だなと思います。

(鈴木)
いやいや、僕なんてまだまだです!!
あと、大学生活で力を入れていたのは、アルバイトですかね。
誰でも知っている有名なアパレルショップで働いているのですが、今はそこの学生リーダーをやっています。
売り上げを伸ばすにはどうしたら良いかなど、
アルバイトでも手を抜きたくなかったので“常に社員の方より良いパフォーマンスを”と思って働いていました(笑)

(長友)
お給料を頂く以上、アルバイトでも高い意識を持つのは大事だよね。
ちなみに今日の服装はアルバイト先の・・・

(鈴木)
全身そうです(笑)

(長友)
さすが!!(笑)

◇どんな就活をしていましたか?

就活は去年の8月から始めていました。
スニーカーや服が好きということもあり、
最初はファッション業界を主に見ていてインターンにも参加しましたが、、、
正直な話をすると“これじゃないな”と感じたんです。
「自分にとって手に入れたいスキルは何か」
そう考えた時に、見ていた企業で得たいと思ったものが見えてこなかったんです。
インターンでは実際に店頭に立って販売などをしたのですが、
アルバイトの延長と言ってしまうと失礼かもしれませんが、僕が学びたいものではないなと感じました。
あとは業界的にもこれからAI化が進んでいくと実際に店頭に立つ“人”って減っていくんじゃないかと考えたんです。

(長友)
なるほど。実際に体験して違うと感じたんですね。
ではそこから人材業界に視点を変えた経緯を聞いてもいいですか。

(鈴木)
まずはファッション業界ではない別業種に目を向け始めた時に、
就活課の人に相談して色々アドバイスをもらったんです。
就活の方向性を変えてリスタートとなると、何から取り組もうか、どんな業界が良いのか、
凄く悩んでいたのですが、相談したことで方向性が決まってとても助けられました。
その経験が人材業界を志望した一番のきっかけだと思います。

(長友)
確かに、こうやって誰かの人生の分岐点に影響を与える仕事はやりがいを感じますよね、
私もそういう人に助けられて今ここにいるわけだし。

(鈴木)
そうなんですね、僕もです。
そうやって人を導く存在って素敵だなと思ったんです。

◇数ある人材業界の中からDSPを選んだ理由は?

人材業界に志望を変えてから、説明会は40社くらい行きました。
その中からいいなと思った15社に絞って選考に進みましたね。
でも同時にたくさんの企業を受けていると一つひとつの面接でのパフォーマンスが落ちていったのが自分でも分かって、
僕自身面接は得意だと思っていたのですが、ある面接で急に何を話していいのか分からなくなってしまったんです。
その時の反省を活かしてDSPの面接を受ける前には、一度自分の中でやりたいことを整理して6社ほど選考辞退していました。

(長友)
最終まで進んでたところもあるって聞いていたけど、それも辞退したの??

(鈴木)
はい、細かい理由はいろいろあるのですが、やはり実際に選考を進めていく過程で知ることや学ぶことも多く、
その上で自分に合ってないなと思い判断しました。

最終的にDSPを選んだ理由は、、、
説明会の際に上川代表に質問をする機会があったのですが、他の学生が上川代表に
「上場した後のビジョンはありますか?」と聞いたんですよね。
僕のイメージではこう、カッコつけるというか、
聞こえの良いVISIONを語るような、そんなイメージがあったんです。
でも上川代表は「そういうのはね、なってみないと分からない」っておっしゃったんですよね。
それ聞いて僕、「うん、たしかに。」とその言葉がストンと心に落ちまして(笑)
表現するのは難しいんですけど、“正直でいい会社だなぁ”って思ったんです。
そこからどの企業よりもDSPが一番魅力的に感じていたんですよね。

あとは純粋に「社員を世界一幸せにしたい」という言葉を聞いた時に、
「あ、僕は自分の幸せも考えていいんだ」
って思ったんです。
もちろんお客様第一という考え方もあると思いますが、
DSPは「社員が幸せになることがパフォーマンスの向上に繋がり、それがお客様や社会貢献になる。」
そう考えている部分に惹かれましたね。

◇就活生の皆さんにアドバイスをお願いします!

自分自身の回答をしっかり深堀りすることが大事だと思います。

面接って大体は同じことを聞かれるんですよ。
・何を頑張ってきた?
・何故うちの会社を選んだの?
・あなたの強みは?
などの質問がされることが多いんですよね。
その際に、「私は〇〇を頑張りました」だけではなく、その内容を更に掘り下げてほしいです。
1つのエピソードに対して「なんで?」を4、5回くらい繰り返します。
例えば「サッカーを頑張りました」→なんで? 「やりがいを感じるからです」→なんで?という感じです。
そうして何度も問いかけて、エピソードの原点まで深堀りすることで、
面接時にも深みのあるより良い回答ができるようになるんです。
深堀りしていくと自分でも気づいていなかった思考性が見えてきて
強みの発見や自分がどんなことに対して熱くなれるのかなどが発見できるので、
面接はもちろんですが、自分に合った企業選びにも活かせると思いますよ!

(長友)
なるほど。確かに一つひとつの回答に対してきちんと“何故”があるかないかとでは大分印象が変わりますよね。
きちんと考えた上で心から話しているのか、それともただ紙面上の経歴を読んでいるだけなのか。

(鈴木)
そうなんです。それから面接の最後に質問ありますか?と聞かれることが多いじゃないですか。
僕はそこで必ずフィードバックをしてもらいます。
そうすることによって意欲的に捉えてもらえますし、
自身の成長にも繋がるので、僕はこの新卒の就活というまたとない機会を全力で自分のためになるようにと過ごしたので、
これから就活を始める皆さんにも全ての機会と出来事を有意義に利用して感じてほしいです。

(長友)
確かに、この機会でしか聞けないことや体験できないこと、学べることも沢山ありますよね。
全力で取り組んできた鈴木さんだからこそ、この記事を見てくれた就活生には絶対為になるアドバイスだと思います!

◇最後に今後のVISIONについて教えてください!

最終的には“人事”というフィールドで社員の幸せに貢献したいです。

人材業界という”人”の人生を担う業界の上に、
その方たちの採用に関わる仕事ってかなり責任力が問われると思うんですよね。
もちろん責任を伴う仕事は、ただ何も考えず言われたことをやるよりも数倍大変だと思います。
でも僕が得たいものはその大変で責任感のある先にあるものだと思うんです。

VISIONに近づく為には「現場を知ること」「結果を出すこと」「営業力を磨くこと」が大切だと思っています。
なのでまず入社後は与えられた環境で全力を尽くし、任せて頂けた業務スキルを磨いていきます。
そしてやるからには最初のフィールドでトップを目指します!
ゲームだってそうです。第一ステージでクリア出来なければ次に進めるなんてことはありませんからね。
やりたいことのためならばどんな努力も惜しみません。
それが僕です!

(長友)
頼もしい!!鈴木くんの活躍している未来に、今からワクワクしちゃいます!
本日は本当にありがとうございました!

_____________________________________________

(インタビュー後記):長友

鈴木くんのインタビューを終えて、
今自分にできることを声に出して実行する“素直な行動力】が大切だなと感じました。
「こんなことがしたい」「こんな働き方がしたい」「こんな人生を歩みたい」
理想なんて沢山ありますし、ドラマや映画に出てくるような山あり谷ありの人生でも、
最後は上手くいく社会人像は多くの人が持っていると思います。
でも実際はそんな流れを自分で呼び込まないことには何も始まらず、ただただ描いていたものと違う日常が過ぎるばかりです。
鈴木くんは私たちが圧倒される程、今の自分にできることに対して積極的に行動し、やりたいことを実現することに貪欲です。
それは自分の理想を実現するために自然と出てくる“素直な行動力”なのだと感じました。

私も飽くなき探求心を持って、
全ての出来事を楽しみながら20新卒の皆さんと一緒にDSPを盛り上げていきたいと、
改めて感じることのできた刺激的なインタビューとなりました。
来年4月からの鈴木くんの活躍に、乞うご期待!

**********************************

そんなDSPであなたの夢を一緒に実現してみませんか?

ご応募お待ちしております🎶

 ▽ご応募先▽
▶中途採用はこちら
▶新卒採用はこちら

TwitterInstagramやってます✨
いいね!とフォローよろしくお願いいたします♬

 

page top